okken.jp

PROFILE

profile3

歌舞伎ソムリエとは

2015年7月に亡くなられた劇団文学座の代表・俳優の加藤武さんは、大の歌舞伎通、歌舞伎愛好者でもありました。その加藤さんをシェフ、水谷彰宏アナウンサーをギャルソンに見立てた、歌舞伎の食わずぎらいをなくすためのレストラン「歌舞伎バラエ亭」、という楽しいコンセプトの番組が、初期のNHKハイビジョンで放送されました。1997年8月の一か月、全20回くらいのシリーズ企画でした。

ぼくは、このバラエ亭に、ソムリエとして「勤務」していたのです。番組ゲストに、その回に映像で流す作品のみどころを、打ち合わせのときからお話したり、番組本番中は不慣れな歌舞伎の立ち回りにチャレンジしたり、白塗りのお化粧のモデルになったり、いろんな経験をさせていただきました。

自分自身をさらけ出し、自分自身がたのしみ、そのエネルギーもろとも、お客様に歌舞伎のたのしさを伝える、というこのコンセプトが、そのままぼくの、現在の活動スタイルまで続いています。番組スタッフの方たちからもご了承をいただいたうえで、自分のことを、歌舞伎ソムリエと名乗っているのは、こんないきさつ、経緯があってのことです。
歌舞伎の解説者、じゃなくて、ソムリエ、なんです。みなさまとの楽しい、なごやかなコミニケーションのなかで、歌舞伎を活き活きと伝えていくんだぞ、おれは、といつも自分に言い聞かせております。

このホームページの製作期間中、くしくも、加藤武さんの訃報に接しました。歌舞伎ソムリエ誕生の大きなきっかけ、源泉ともなってくださった、たいせつな恩人です。なにより、歌舞伎をピュアに愛していらっしゃいました。それが素晴らしかった。ステキな大先輩でした。
これからの活動の様子が、加藤さんにも届くように、精いっぱい続けていきます。シェフ、本当にありがとうございました。これからも見守っていてくださいね。全力でやりますから!!


eye1

経 歴

おくだ健太郎・歌舞伎ソムリエ

歌舞伎公演のイヤホンガイドをはじめ、歌舞伎を楽しむ会「おくだ会」を各地で開催し、歌舞伎の灯をともし続けるべく活動している。

1965年名古屋市生まれ。名古屋市立田代小学校、私立東海中学・高校をへて、早稲田大学政治経済学部(経済学科)入学で上京後、アメリカでの生活を経て、歌舞伎にのめりこむようになる。歌舞伎の前は、ジャズに熱中していたが、アメリカ(ロスアンゼルス)で出会ったジャズの研究家の、自国の音楽文化をこよなく愛し、仕事としてそれに取り組む姿勢や人柄に大いに刺激を受けた。

歌舞伎座の最上階の「一幕見自由席」に通いづめて、いろんな芝居を体内にたたきこむように見ていく。この時期、歌舞伎座のそばの珈琲店「樹の花」でアルバイトを続け、歌舞伎役者、演奏者、近隣の出版社、装丁事務所、広告代理店の人たちなど、店を訪れるさまざまなお客さまからも、いろいろなインスパイアをいただく。

大学卒業後、歌舞伎公演のイヤホンガイドの、貸出しカウンターのスタッフとしてアルバイト入社。業務をつづけるうち、ガイドの書き手・語り手を志すようになり、テスト原稿を提出。数度の改筆の後それが認められて、1992年12月、東京・国立劇場で上演の新作脚本の歌舞伎「忠度」にて、イヤホンガイド解説者としてデビュー。その後数年、貸出し業務とイヤホンの解説者を並行して行い、1997年、解説者として一本立ちする。
おなじ97年に、NHKハイビジョン初期の番組「歌舞伎バラエ亭」に出演。故加藤武をシェフ、水谷彰宏アナウンサーをギャルソン、おくだをソムリエ、にみたてて「歌舞伎の食わずぎらい」をなくそう、というコンセプトでつくられたこの番組出演をきっかけに、歌舞伎ソムリエ、という呼称を、その後も継続して用いるようになる。

2000年からは、かつてのアルバイト先である銀座「樹の花」と、お店の客として長年親交のあった、目白のカフェ「ル・プティ・ニ」にて、歌舞伎のトーク会をはじめる。当初は「歌舞伎をたのしむ会」と名付けていたが、その後いつのまにか「おくだ会」という呼び名が定着し、正式名称に。歌舞伎座の改築工事や「ル・プティ・ニ」の軽井沢への移転を受けて、いったん中断するも、再開。「樹の花」と、「ル・プティ・ニ」のあとを引き継いだ「カフェ・ドゥ・ルー」の2か所にて、いまもほぼ毎月、継続している。

また、生まれ故郷の名古屋においても、地元の老舗劇場・御園座の改築へ向けての一時閉鎖をうけて、再開場まで名古屋の歌舞伎の灯をともし続けたい、という意志のもと2013年より、おくだ会をスタート。
第一ホテル錦の宴会場、長者町のフレンチレストラン「ツキダテ」、熱田・伝馬町にて、中学・高校の同級生が包丁をふるう天ぷら割烹「井善」の3会場にて、茶話会または食事会のスタイルで、歌舞伎のさまざまなトーク、名古屋や愛知県での歌舞伎公演のみどころトーク、を精力的におこない続けている。