okken.jp
歌舞伎ソムリエつれづれ日記

歌舞伎のこと、日常のこと、思いつくままに書きとめています。

Aug 8, 2022

シネマ歌舞伎のトークイベント

8月14日。お盆期間ですが、ご来場をお待ちしております。この演目の主役、大黒屋光太夫のふるさと、三重県の白子を訪ねた思い出など、お話できたらと思います。 http://www.midland-sq-cinema.jp/t …続きを読む

 

Aug 1, 2022

手塚治虫と歌舞伎

日本のマンガ史上不滅の巨星・手塚治虫先生の作品「新撰組」が、歌舞伎になって、8月の歌舞伎座で上演される。とくに中学から高校にかけて手塚作品に親しんだ自分にとっても、感慨深いことです。実家の書庫の、古いタンスを活用した収納 …続きを読む

 

Jul 25, 2022

鵜匠へ掛かる「大向こう」

長良川の鵜飼いを見てきました。岐阜の隣の名古屋生まれなのに、初めてです。 鵜飼いは全国にありますが、宮内庁式部職に名を連ねている鵜匠さんは、岐阜市と、同じく岐阜県関市の小瀬(おぜ)の鵜匠さんだけです。 岐阜市には、代々鵜 …続きを読む

 

Jul 18, 2022

立派になられました

期待の若手歌舞伎俳優・中村鷹之資(たかのすけ)さんの「翔之會」(しょうのかい)に、行って参りました。3年ぶり、7回めを数える舞踊公演。妹さんの渡邊愛子さんも出演なさって、「藤娘」の可憐な舞い姿を披露してくださいました。 …続きを読む

 

Jul 11, 2022

名古屋能楽堂

能楽堂、という名称ですが、オペラ上演、ジャズライブ、結婚式などなど、さまざまな用途に活用されています。能舞台の形式で造られた多目的・多用途のホール、と呼ぶほうが、ふさわしいかもしれない。 名古屋城のほど近く。ぼくのなかで …続きを読む

 

Jul 4, 2022

ネコ

そぼふる雨のなか、実家から地下鉄駅までの道すがら、クルマにひかれてしまったネコちゃんの亡骸が目にとまる。 ああ、かわいそうになぁ、と手を合わせていたら、ちょうど警察のクルマ(パトカーではなかった)が到着し、丁寧に亡骸をト …続きを読む

 

Jun 27, 2022

初歌舞伎!

ことしの夏の歌舞伎巡業公演の中身が、あまりにも 初心者にぴったり! なので、よし、と思いたち、7月6日の広島県・呉市の公演に、「今回が初めての歌舞伎見物です」というかた限定で、SNSでのご招待を呼び掛けたら、6名さまが、 …続きを読む

 

Jun 20, 2022

鮭川歌舞伎、大成功!

山形県鮭川村の地芝居・鮭川歌舞伎。半世紀ぶりに実施された、野外舞台(土舞台・どぶたい)での公演は、天候にも恵まれ、大盛り上がりのうちに千秋楽と相成りました。 生放送の実況解説でお手伝いさせていただきましたが、地元の皆さん …続きを読む

 

Jun 6, 2022

襲名

海老蔵が團十郎を襲名する。やっと決まった、よかった、と歌舞伎によく馴染んでいる人、歌舞伎の襲名というしきたりに馴染んでいる人は、ポジティブなリアクションをする。 しかし、歌舞伎に馴染みがない人にとって、果たして襲名という …続きを読む

 

May 30, 2022

土舞台・どぶでぇ

山形県の地芝居公演で、生放送の同時解説をお手伝いすることになった。ご挨かたがた、現場の見学・下見にうかがった。 公演当日に用いる舞台は、神社の境内に、こんもりと土を盛って造られている。土舞台と書いて「どぶたい」、もっと正 …続きを読む

 

Feb 8, 2021

烈女・政岡に、「女」を感じる

むかしの既婚女性は眉毛を剃っていた。そのことは歌舞伎の女形さんのお役の化粧にもきちんと反映されていますが、なぜなのかな、同じ芝居の同じ登場人物、、、この写真でいえば政岡(まさおか)という、大名家のお坊っちゃまの乳母ですが …続きを読む

 

Feb 1, 2021

2月1日・月曜日

月の始まりが、週の始まりと、一致しましたね。スッキリ爽やかな気分がしています。コロナのたいへんな状況はまだまだ収まる気配を見せませんが、だからこそ、こういうささやかや爽快感を大事に受け入れて、一日一日をしっかりと過ごして …続きを読む

 

1 2 3 4 5 10