okken.jp
Mar 22, 2021

名投手と名女優

朝のNHKドラマで注目されている往年の名女優・浪花千栄子は、亡くなられる少し前に、タイガースの村山実投手の引退試合で、ねぎらいのスピーチをしている。

村山はん、あんた本当によう頑張りはったなぁ、、、という自然体な大阪弁の、温かいねぎらいの言葉だったようだが、なかなかその音源・映像が見つからない。見たいなぁ聞きたいなぁと強く思う。ある人いわく、定年退職の常連客をいたわる、小料理屋のおかみさんみたいだった。これ、言い当て妙なんだろうなぁ。

「伊勢音頭」の万野、「先代萩」の栄御前、「封印切」のお内儀、「助六」の母親など、この人で見たい歌舞伎のお役が、いくつもある。ぼくも大好きな女優です。

ちなみにその引退試合のとき、当時甲子園のラッキーゾーンにあったブルペンから、村山は満面の笑みで、江夏豊ら後輩投手陣数名に「肩車」されて(運動会の騎馬戦みたいな感じ)マウンドへと向かった。過剰な演出とは無縁の素朴でアナログなこの趣向も、スピーチが浪花千栄子という人だったことと、見事なコーディネートをなしていると思う。