okken.jp
Jul 19, 2021

猛暑ですね!

各地で梅雨が明け、溶けるような暑さがことしも始まっている。江戸時代、ここまでの酷暑はめったになかったとは思うが、なにせ空調もなかった世の中。芝居小屋に人がたくさん集まったりしたら、たまったもんじゃなかったと思います。だから当時の歌舞伎は、五月末(旧暦)から三ヶ月くらいは、休み・シーズンオフにしていた。現代のこの厳しい暑さから、そういう当時の状況、事情を想像するのも一興です。たぶん芝居を強行していたら、役者の化粧も、したたる汗でぐしゃぐしゃになってしまってただろうなぁ。

皆さま、熱中症や脱水症にはくれぐれもご注意くださいね。