okken.jp
Aug 16, 2021

お岩さま

9月歌舞伎座の、片岡仁左衛門さんと坂東玉三郎さんの顔合わせによる「四谷怪談」が、すでに歌舞伎ファンの中では話題になっています。

ぼくも、名古屋や東京の仲間を募って、下旬に観劇会をしますが、それに先立って、お岩さまのお墓参りと、ゆかりの稲荷神社へのお詣りをさせていただきました。

お墓は、東京・巣鴨の妙行寺という法華宗のお寺にあります。法華(ほっけ)という語句、この芝居のせりふにも印象的に出てまいりますが、ヒロインの菩提寺とも符号しているんですね。もとは四谷にあったのが、明治になってからいまの場所に引っ越したお寺です。

さらにいうと、お岩さまのお墓・田宮家のお墓と隣り合って、赤穂浪士・忠臣蔵のお殿様である浅野のお家も、こちらにはあるのです。モデルになった田宮伊右衛門・お岩夫妻は、四谷の稲荷神社の宮司とその妻ですが、「四谷怪談」の芝居においては、お岩さまは、塩冶家(浅野家を指す)につかえていた侍・民谷(田宮の字を変えてある)伊右衛門の妻という設定ですから、じっさいのお墓がこのように隣り合わせになっているのを拝見すると、なんともいえぬリアリティーを感じました。

お墓をあとに向かったのは、四谷の田宮稲荷。伊右衛門・お岩夫妻のモデルとなった田宮夫婦の子孫が、いまも宮司を勤めていらっしゃいます。「四谷怪談」の上演時は、興行関係者は必ずといっていいほど訪れ、お祓いを受けます、、、が、伊右衛門役の役者さんは、あえてお詣りはしないのが習わしになっている稲荷神社です。

観劇会に先立ち、ぼくもお祓いをしていただき、もろもろの無事、そしてコロナの終息への願いをこめて、お詣りをしました。