okken.jp
Jan 10, 2022

成人の日

コロナにたたられて今年も公演がありませんが、初春の東京の浅草公会堂に若手の役者が集結して開催される花形歌舞伎公演では、毎年成人の日に、晴れ着姿の新成人のみなさんが、客席を華やかに埋めてくださるのが恒例でした。このホールが同じ日の午前中、台東区の成人式の会場になるので、それと連動させた集客が成り立っていたわけです。

若い人たちにとっての、古典芸能へのよき入り口として、長年に渡って機能していたこの企画。先々コロナが落ち着いて、浅草の初春歌舞伎が復活したときに、同様に再開してくれることをつよく願っています。