okken.jp
歌舞伎ソムリエつれづれ日記

歌舞伎のこと、日常のこと、思いつくままに書きとめています。

May 10, 2021

ご自愛専一に

コロナの影響で初日が延期になったりはしましたが、5月の芝居も初日の幕が開くようで、まずは安堵しています。出口はまだまだ見通せない状況ですが、ワクチンの接種もこれから進んでいくにつれて、次の展望も見えてくるのでしょうか。歌 …続きを読む

 

May 3, 2021

芝居の屋根

コロナで公演がままならないが、瀬戸内海に浮かぶ小豆島でも、地芝居がむかしから盛んだ。春と秋、二ヶ所の集落で熱演が繰り広げられる。 演技はもちろん、茅葺きの舞台の佇まいが、素晴らしい。30年ごとに、代々吹き替えの技術と作業 …続きを読む

 

Apr 26, 2021

吉田簑助さん

4月、5月のさまざまな公演が、またしてもコロナにたたられています。個人的にとりわけ残念だなぁと感じたのが、大阪の文楽・人形浄瑠璃の公演でした。人形遣いの第一人者・大看板の吉田簑助さんが、今月をもっての引退を発表なさったの …続きを読む

 

Apr 19, 2021

新たな相棒

名古屋の実家に、室内でこげるバイク型の健康マシンを取り寄せました。両親、とくに母親の日頃の健康管理・足腰のトレーニングに活用していこうと思います。ぼく自身も、日常のすきま時間に、まめにキコキコやっています。 コロナの影響 …続きを読む

 

Apr 12, 2021

海老蔵の弁天小僧

名古屋・御園座の、市川海老蔵を中心とする歌舞伎公演の初日が開いた。さすが当代きっての人気役者、場内隅々まで華やかな空気が充ちわたる。女形の舞踊、初心者にも分かりやすく楽しい「弁天小僧」の二本立て、という演目選択も、コロナ …続きを読む

 

Apr 5, 2021

歌舞伎の魅力をカクテルで

名古屋・御園座で、市川海老蔵さんが中心となった歌舞伎公演が、10日から始まります。そこで上演される人気演目「白浪五人男」にちなんで、名古屋市内のバー5店舗が、オリジナルのカクテルを創作、提供いたします(企画 おくだ健太郎 …続きを読む

 

Mar 29, 2021

自由学園・明日館

ここの桜が、この桜の眺めが、一番好き、、、職場や学校への行き帰りや、生まれ故郷や、日ごろの散歩道など、誰もがそんな「お気に入りの桜」の風景を持っているのかもしれない。ぼくの場合、東京・池袋の自由学園の、この桜がそれに該当 …続きを読む

 

Mar 22, 2021

名投手と名女優

朝のNHKドラマで注目されている往年の名女優・浪花千栄子は、亡くなられる少し前に、タイガースの村山実投手の引退試合で、ねぎらいのスピーチをしている。 村山はん、あんた本当によう頑張りはったなぁ、、、という自然体な大阪弁の …続きを読む

 

Mar 15, 2021

カセットテープ

オランダのフィリップス社でカセットテープの開発に大きな役割を果たしたルー・オッテンスさんが、94歳の長寿を全うした。ポケットに簡単に収まる木片をもとに、完成させるべき商品へのイメージを構築したそうだ。氏はその後、CDの開 …続きを読む

 

Mar 8, 2021

広島・呉と西条を訪ねて

酒都、と呼ばれるくらいに銘酒の蔵元が集結している町、広島県の西条(いまは、東広島市になっています)のホールで、歌舞伎の講話のお仕事をしました。3月末に、中村勘九郎さん、七之助さん、勘太郎さん、長三郎さんらの巡業公演が開催 …続きを読む

 

Mar 1, 2021

「連獅子」雑感

谷底に突き落とされても、くじけずに這い上がってくる子だけを育てていく、、、おなじみ「獅子の子育て」の厳しさを描いた歌舞伎舞踊「連獅子」は、こんにち、最も人気の高い演目かもしれない。 それは一つには、実際の役者父子が親獅子 …続きを読む

 

Feb 22, 2021

名作

眠れぬ夜のつれづれに、DVDで、「七人の侍」を、また見てしまった。もう回数を数えるのをあきらめて、ずいぶんになる。 馬を駆りたて村を襲おうとする野武士たちの会話で物語は始まる。 「やるか?(襲うか?)この村も」「いや、こ …続きを読む

 

1 2 3 4 5 6 7 12