okken.jp
歌舞伎ソムリエのアルバム日記
Apr 8, 2019

天上天下唯我独尊

花まつりの東京、よるは冷たい雨になりました。 中、高、と仏教系の学校に通っていたので、毎年4月8日は、職員室のすぐ隣だったかなぁ、お釈迦様に甘茶をかけたり、それを飲んだりできる場所が設けられ、そこに休憩時間に出かけるのが …続きを読む

 

Mar 11, 2019

地芝居と教会の旅

岐阜の地芝居の芝居小屋めぐり、長崎五島列島の潜伏キリシタンの教会めぐり。2つの旅を続けて挙行している。かたや歌舞伎、かたや信仰、カテゴリーや中身こそちがいますが、その地域のコミュニティの「核」になっている、という点で、両 …続きを読む

 

Mar 1, 2019

いのち

歌舞伎座「熊谷陣屋」・畢生の名演、名舞台のイヤホンガイドを担当させていただき、うれしさ、ありがたさを噛みしめつつ初日があいた、すぐ2日後、40年来の幼なじみが前触れもなく逝きました。 ぼく自身の喪失感も筆舌を越えています …続きを読む

 

Feb 23, 2019

ワヤン・クリの記事

毎朝、新聞を2紙または3紙、読み比べて気になった記事を切り抜くことを日課にしています。けさ目にとまったのは、インドネシアのジャワの伝統的な人形影絵劇ワヤン・クリの紹介記事。地元の芸大に専門の学科があり、卒業者はある者はプ …続きを読む

 

Feb 18, 2019

3月のイヤホンガイド

3月のイヤホンガイド担当は、すべての歌舞伎作品のなかでも屈指・究極のエンターテイメント、弁天小僧~白浪五人男。  理屈っぽさ、堅苦しさを、いかになくすか、軽やかに流れるように弾むように、、、どこまでそれを自分のガイドで形 …続きを読む

 

Jan 28, 2019

長崎の旅へ向けて

3月に博多座のお仕事があるので、その前に数日かけて、潜伏キリシタン、かくれキリシタンの歴史をたどる旅を計画しています。これまでに少しずつ文献や資料を集めてきたので、順次目を通して、気持ちを高めていく日々。こういうプロセス …続きを読む

 

Jan 22, 2019

福田さん

1月22日、東京版の読売新聞に掲載された、写真家・福田尚武さんの記事。歌舞伎座の客席で、特注の車椅子に、黒い布をすっぽりかぶって「気配」を極力消しながらスタンバイ。上演中の演目の、迫真の演技の、ここぞというシャッターチャ …続きを読む

 

Jan 1, 2019

元日の読売新聞から

2019年。本年もよろしくお願い申し上げます。 元日の読売新聞に、戦前の二大スター、歌舞伎の6代目尾上菊五郎と大横綱双葉山の、6代目がしたためた手紙がきっかけに結ばれた友情がとりあげられていました。 横綱の品格がしきりに …続きを読む

 

Dec 26, 2018

師走の吉原

最近通い始めた東京・向島のカフェでの英会話レッスンのあと、隅田川を渡り、黄昏時の吉原まで、ぷらぷらと散歩。 泪橋近くの歩道で、あしたのジョーにばったり出会い、テンションあがりっぱなしのまま、吉原の見返り柳(ガソリンスタン …続きを読む

 

Dec 17, 2018

12月の「阿古屋」を見て

12月歌舞伎座の話題は何といっても玉三郎、梅枝、児太郎の「阿古屋」だが、そのなかで、阿古屋が三味線を弾いている最中に、敵役の岩永がうとうとし始めるので、すぐ隣のさばき役・重忠が床を扇子で叩いてたしなめ、岩永があわてて目覚 …続きを読む

 

Dec 14, 2018

映画「私は、マリア・カラス」の広告記事

映画「私は、マリア・カラス」の広告記事の、中村吉右衛門さんのインタビューが、素晴らしい。 映画のPRを完璧にまとめ上げる締めくくりコメントへ向かって展開する、オペラ&歌舞伎の比較、共通項、吉右衛門という名への思 …続きを読む

 

Dec 13, 2018

年内最後の名古屋おくだ会

最近、テレビなどに取り上げられることも多くなってきた、熱田の「井善」にて、2018年最後の名古屋おくだ会。 年の瀬にあわせて、忠臣蔵のトークをしました。参加してくださった、Yさんの楽しいレポートをご紹介します。 ==== …続きを読む

 

1 2 3 4 5