okken.jp
歌舞伎ソムリエつれづれ日記

歌舞伎のこと、日常のこと、思いつくままに書きとめています。

Jun 28, 2021

郡上の歌舞伎ニ座

夏の盛大な盆踊りでも名高い、岐阜県郡上八幡・郡上市。ここには、高雄歌舞伎、気良(けら)歌舞伎、の二つの地歌舞伎団体があります。その両座が、岐阜市のホールに集結して、名作「仮名手本忠臣蔵」の五段目、六段目、七段目を続けて上 …続きを読む

 

Jun 21, 2021

定宿にて

長野県松本市に、中村勘九郎七之助ご兄弟や尾上松也さんたちの歌舞伎を見に行ってきました。松本のときはいつも泊まるクラシカルなホテルの、しかも旧館、屋根裏部屋気分が満喫できる部屋に二泊し、創業当初の造りが忠実に残るカフェで、 …続きを読む

 

Jun 14, 2021

お弔い帰りのほうれん草カレー

日本舞踊の名古屋西川流先代家元・西川右近総師の告別式にうかがいました。広い境内でぼくが子供のころ毎日のように遊んだお寺・日泰寺が会場でした。名古屋の実家から、あの頃バットやグローブをかごに放りこんで自転車を必死にこいで通 …続きを読む

 

Jun 7, 2021

大きいママのブロマイド

名古屋の実家の片付け作業をしていたら、母方の祖母・大きいママとぼくは呼んでいました、の役者ブロマイドのコレクションが、しわくちゃの鳩サブレーの紙袋に無造作に入った状態で、たくさんみつかりました。 きちんと木箱に納め直して …続きを読む

 

May 31, 2021

実家のカタバミ

名古屋の実家の庭の、クチナシの花壇にカタバミが自生して茂っている。なにせ繁殖力が強いので、こないだ思いきって、かなり大胆に刈り込んだ。クチナシの枝葉も繁りすぎた箇所を慣れぬ手作業で自ら植木バサミを握り、剪定してみた。 結 …続きを読む

 

May 24, 2021

定九郎

梅雨の晴れ間に、地元名古屋の落語会に友達と出掛けた。「中村仲蔵」が出た。夏の真夜中のどしゃ降りの山道。旅人をつけ狙う残忍な悪漢・定九郎の大胆、斬新な役づくりに精魂をかたむける江戸の役者のさまを描く人気演目。歌舞伎の名作「 …続きを読む

 

May 17, 2021

東白川村へ

岐阜県の東白川村という山里を訪ねました。白川といっても、有名な世界遺産の白川郷ではなくて、飛騨の手前、知る人ぞ知る銘茶の産地です。 高山本線の白川口駅が、最寄り駅。周辺の集落何ヵ所かで、郷土芸能としての歌舞伎、すなわち地 …続きを読む

 

May 10, 2021

ご自愛専一に

コロナの影響で初日が延期になったりはしましたが、5月の芝居も初日の幕が開くようで、まずは安堵しています。出口はまだまだ見通せない状況ですが、ワクチンの接種もこれから進んでいくにつれて、次の展望も見えてくるのでしょうか。歌 …続きを読む

 

May 3, 2021

芝居の屋根

コロナで公演がままならないが、瀬戸内海に浮かぶ小豆島でも、地芝居がむかしから盛んだ。春と秋、二ヶ所の集落で熱演が繰り広げられる。 演技はもちろん、茅葺きの舞台の佇まいが、素晴らしい。30年ごとに、代々吹き替えの技術と作業 …続きを読む

 

Apr 26, 2021

吉田簑助さん

4月、5月のさまざまな公演が、またしてもコロナにたたられています。個人的にとりわけ残念だなぁと感じたのが、大阪の文楽・人形浄瑠璃の公演でした。人形遣いの第一人者・大看板の吉田簑助さんが、今月をもっての引退を発表なさったの …続きを読む

 

Apr 19, 2021

新たな相棒

名古屋の実家に、室内でこげるバイク型の健康マシンを取り寄せました。両親、とくに母親の日頃の健康管理・足腰のトレーニングに活用していこうと思います。ぼく自身も、日常のすきま時間に、まめにキコキコやっています。 コロナの影響 …続きを読む

 

Apr 12, 2021

海老蔵の弁天小僧

名古屋・御園座の、市川海老蔵を中心とする歌舞伎公演の初日が開いた。さすが当代きっての人気役者、場内隅々まで華やかな空気が充ちわたる。女形の舞踊、初心者にも分かりやすく楽しい「弁天小僧」の二本立て、という演目選択も、コロナ …続きを読む

 

1 2 3 4 5 6 12